夢を信じて/徳永英明

 iTunes Store(Japan)

徳永英明と言えばもはや日本を代表するボーカリストの一人と言えますが、そんな彼から紹介する一曲は子供の頃に見たアニメのエンディングテーマとして使われていた『夢を信じて』です。

アニメはこれこれ、アニメ版ドラゴンクエストです。アベル、モコモコ、ディジィ、それからヤナックのパーティですよね。知ってる人いるかな?タイトル通りドラゴンクエストをモチーフにしたアニメなのですが、ダイの大冒険とは全くの別物です。アベルの声が古谷徹さん(ガンダムのアムロや聖闘士星矢の星矢の声の人)だったのはよく覚えているのですがヤナックがちびまる子ちゃんのナレーションでも有名なキートン山田さんだったとはちょっとビックリ(笑)。

ドラクエのフィーバーっぷりと言ったら今の比ではなかった当時ですが、アニメは微妙に不発に終わった感があります。でも僕らの世代(アラサー)では結構認知されているアニメだったりするんですよね。この曲のファンも多いはず。

徳永英明と言えば最近はJ-POPのカバー集なんかで最近脚光を浴びていますよね。あの独特のかすれた声が素敵です。そう言えばカバーと言えば平井堅なんかも洋楽中心ですが、やっていますね。徳永さんと平井さん、ちょっと通じる所があるような気がします。

徳永英明さんと言えば『壊れかけのRadio』が有名ですよね。この曲は人に紹介する時に「レディオ」と発音するか「ラジオ」と発音するか悩む曲です(笑)。徳永さんの声はバラードのような強弱がつけやすい曲では本当に魅力的な歌を聴かせてくれますが、こういったニューミュージック(死語?)のようなポップスでもまた違った味わいを感じられて素敵です。

タグ: , , , ,

コメント

わー!ドラクエのアニメ!!
当時、この曲もアニメもすごく好きで、
メロディーをピアノでちょっと弾いてみたり、
キャラクターの絵をらくがき帳に描いたりしていました。
懐かしいです。。。うーん同世代!!

04:56| 美聖咲蘭

同世代ですなー(笑)。このアニメ何気に好きだったから
終わった時はショックでしたねぇ。

しかしダイの大冒険のマトリフ師匠もそうだけど、
魔法使いはエロキャラってのは定番なんですかね!?

10:16| 前川かずひろ

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kazumae.net/music_review/archives/315/trackback