We All Fall Down/John Sykes(Blue Murder)

 iTunes Store(Japan)

レスポールの貴公子・John Sykesのソロの代表作です。ジョン・サイクスと言えば、Thin LizzyやWhite Snakeなどのそうそうたるバンドのギターを渡り歩いてきたギタリストで、僕も高校の時からそのワイルドでありながらも聴かせるギタープレイに魅了されました。

ちょうど高校2年か3年の時に上記のベストアルバムが発売されて、個人的にサイクスの名盤と思っている『20th Century』が発売されたのもこの時期でした。友達がサイクスを薦めてくれて僕のなかで注目度がグンとあがってきたのですが、そのベスト盤の1stトラックに収録されているのが『We All Fall Down』でした。

当時の僕は割とポップなメロディのハードロックに傾倒してきた時期でして、サイクスの音楽性というのはドンピシャだったわけですね。

とにかくイントロからずっと続くリフが印象的な曲ですよね。リフはめっちゃロックなのにサビでは流れるようなメロディを歌いあげるのが良いですね。ソロは80年代のギタリストらしく弾きまくってます(笑)。この手の速弾きが目立つサイクスではありますが、基本的にはブルースギターを基調としたハードロックです。特にゲイリームーアには強く影響を受けているらしいです。納得。
ソロあとの空間の効いたAメロ、そしてその後ドラムが入ってくるあたりに興奮した記憶があります。最後は爆発して終わり(笑)。

アームの突いてないレスポールでここまで幅のある表現をしてしまうサイクスに感服です。

タグ: , , , , , , ,

コメント

コメントをお寄せください。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kazumae.net/music_review/archives/366/trackback