ROCKs/大黒摩季

 iTunes Store(Japan)

今や女性ロックボーカリストのなかでは大御所となってしまった大黒摩季からの一曲です。この曲は大黒摩季の中で一番好きな曲ですね。

『Rocks』という曲ですが、その名の通りとってもロックした曲に仕上がっています。94年に発売されたアルバム『永遠の夢に向かって』の2曲目に収録されています。1曲目がタイトルトラックでもある『永遠の夢に向かって』なのですが、そこからの流れがなかなかカッコ良かったりするんですよね。この2曲だけでもこのアルバムは一聴の価値ありだと思います。

歌詞の中で「親のすねを骨までかじって 金巻いて女抱いて 夢を語っても何だねえ」って部分があるんですけど、高校出て上京してからは(学費も生活費も)親に一切頼らずに生活してきたので、妙にシンパシーを感じた部分でした(笑)。

大黒摩季と言えばパッと思いつくのがプロデューサーでありギタリストでもある葉山たけし氏です。良くも悪くも「ビーイング」と言った印象。ちなみにこの『ROCKs』のミックスダウンを行ったエンジニアはスティーブ・ペックという人で、ホイットニー・ヒューストンの『So Emotional』やマドンナの『Where’s The Party』なんかをミックスした人物なのだそうです。

ライブ良いですね!ロックしてます。この曲のスラップがまた気持ち良いところで入ってくるんですよね~。それにしてもいつも思うけどホーンセクションってなんであんなに楽しそうなんだろう。妙な仲間意識が垣間見えてなんとなく羨ましい(笑)。

それにしてもあの頃、大黒摩季が動いている姿を見れるなんて想像もできなかった(笑)。当時のビーイングの戦略の一つだったらしいですが、映像メディアへの露出を極端に抑えていたんですよね。僕らの世代ならみな知っているはずです。一時期は「実は大黒摩季と言う人はいないんじゃないか」との噂が流れたほど(笑)。

タグ: , ,

コメント

コメントをお寄せください。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kazumae.net/music_review/archives/379/trackback