DICE/HIDE

 iTunes Store(Japan)

僕はJ-ROCK界に最も影響を与えたロックミュージシャンはX JapanのYoshikiでもなく、BOOWYの氷室京介でもなく、HIDEだと思っています。だからこそ彼が生きていたら今のつまんないJ-ROCKも違っていたのかなぁと夢想してしまいます。(現実は一つなのでそんな妄想は何の価値もないということはわかっているのだけどね)

そんなHIDEからの一曲は、ソロ活動初期のシングルから。『DICE』です。この曲はHIDEソロ1stアルバム『HIDE YOUR FACE』の2曲目に収録されています。1曲目がSE的な小曲なので実質的なファーストトラックと言ってよいでしょう(その1曲目がこれまたすばらしいんだけど)。

HIDEのソロは後半はzilchのようなインダストリアル系であったり、Supred Beaverのような割とパンキッシュなスタイルであったりとそういうイメージが強いですが、初期はHM/HRの色が濃いです。X Japanの流れをくんでいるような。そういえばToshiもソロ初期作はかなりHR/HMな感じだったのにいつのまにやら…でしたね。やはり売れる為のなんらかの工作があるのでしょうか(笑)。

HIDEと言えば僕はいまだに“ペイントギター”と“爆発赤髪”がシンボルだと思っています。後半はメインで使用することはなくなりましたが。X Japanの最盛期のイメージなんですけどね。

うーん、見ているとなんとなく涙が出そうになる。HIDEとPATAって良いコンビだったよね。今見るとXで弾いているHIDE&PATAよりもHIDEソロで弾いているHIDE&PATAの方が好きかもしれない。なんていうかXよりもHIDEもPATAも自分の持ち味を出せているような気がするし、楽しそう。昔は特別ファンってわけでもなかったけど(Xは好きだったけどメンバー個人に熱烈なファン、というレベルではなかった)、なんか今はとっても好き。なんだろうなぁ。

タグ: , , ,

コメント

おお!なつかしい。。。
わたしはHIDEソロの曲たちの中で、
この曲が一番といえるくらいすきなのです!!
最近聴いていなかったけれど、今日聴こう。。。

ちなみに・・・
TOSHIソロは、いろいろと大変なこともあったようですが、
「君はいないか」という曲だけは、心から好きです。

ブログを見ていて、カズさんって、
物凄くたくさんの音楽を聴いてきていて、
今もたくさんの音にふれているのだなあとおもって、
さりげなく尊敬してます。。。

15:19| 美聖咲蘭

いつも見ていただきありがとうございます!もしかしたら音楽を聴くというのは僕の唯一の趣味と言ってよいかもしれません。新しい音やかっこ良い音に触れるとワクワクしますし、感動しますし、やめられないですね(笑)

HIDEソロは初期から後期にかけて音楽性が(芯はあるとしても)変化してきていて本当に幅広い音楽を楽しめますよね。
DICEはストレートなハードロックをしていて本当に好き!

21:31| 前川かずひろ

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kazumae.net/music_review/archives/385/trackback