Under The Violet Moon/Blackmore’s Night

 iTunes Store(Japan)

リッチーブラックモアと言えば、ディープ・パープルやレインボーと言ったバンドを思い浮かべる人が多いと思いますが、このブラックモアズ・ナイトも僕はかなり好きなリッチーの一面であったりします。

メンバーはボーカルのキャンディス・ナイトとリッチー・ブラックモアを中心に更正されています。デビューは97年。音楽的にはヨーロッパ風な叙情的なメロディが非常に魅力的な作品が多くなっています。日本人もこういうの好きですよね。現在は小さなライブハウスを中心に活動しているのだそう。あのリッチーを小さいライブハウスで見られるというのもまたすごいことですが(^^;

アンダー・ザ・バイオレット・ムーンは99年に発売された同名のタイトルのアルバムのファーストトラックに収録されている曲です。なんだろう、この「夜会」みたいな雰囲気のアレンジが妙にツボで、今でもたまに聴いているほどハマってしまいました。手拍子は裏拍じゃないんだけど演歌でもない、みたいな(笑)

ちなみに有名だと思いますが、キャンディス・キャメロンはリッチーの恋人(婚約者?結婚した?)です。そういえば日本では小室哲哉が当時恋人だった華原朋美をプロデュースしていたけど、自分の恋人と一緒にユニット組むってよくできるなぁ〜と思ってしまいます。

このブラックモアズ・ナイトは昔からのリッチーファンにはちょっと評判が良くない見たいです。こんなのやるくらいならパープルやレインボーに戻ってくれ、といった声をちらほら聴きます。僕は逆でこっちのリッチーの方が好きだったりします。もちろんパープルやレインボー時代のリッチーは神がかっていたし、僕も好きですが、ブラックモアズ・ナイトの方が実はリッチーがやりたい事をのびのびと出来ているのじゃないかなと、勝手に解釈しているからなのですが。

タグ: , , , , ,

コメント

コメントをお寄せください。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバックURL: http://kazumae.net/music_review/archives/399/trackback