情熱大陸/葉加瀬太郎

 iTunes Store(Japan)

これもまた超がつくほど有名な曲ですよね。葉加瀬太郎の「情熱大陸」。ニコ動やYOU TUBEでは様々な人が別の楽器でカバーしています。

年末にテレビをつけたらたまたま情熱大陸がやってたんですよ(あ、テレビ番組の方ね)。んで、その回が2010年の最後の回だったんですけど、まさに葉加瀬太郎その人の特集でした。もともとはクラシック出身の人らしいのですが(あたりまえか)いったいいつから芸術が(頭髪が)爆発したのでしょうか(笑)。 

曲はまさにタイトルが示す通り情熱的な曲。随所にタタタ、タタタと三連符のキメが入ってくるのですが、この三連のキメはなぜだかしらないけど情熱的な雰囲気にしてくれますよね。

そしてとにかくメロディの展開がもう素敵すぎ!メインメロディは当然として、サビのメロディに入る手前のブレイクで背筋ゾクゾクさせてもらえます。アコーディオンの間奏もまたいいんですよね。半音下がりの進行がまたその叙情性を引きたててくれます。

このライブではソロはエレキギターが掛け合いソロ回しやってますね。

情熱大陸の番組のエンディングテーマも葉加瀬太郎ですよね。こちらも有名な曲『エトピリカ』。僕が見た番組の最後に小さい子供にバイオリンの二つの音だけを教えてずっと鳴らさせるんですよね。そしてバックバンドがエトピリカのコード進行を弾き始めて、そして葉加瀬太郎が最後にメロディを弾き始める。伝わるかなー(笑)。なんかもうテレビの前で感動してしまったわけですよ。

まだまだこれからも挑戦をし続ける葉加瀬太郎。彼の情熱大陸はまだまだ先にある、と言うところでしょうか。

PS.情熱大陸を一躍有名にした有名なコンピレーションアルバム『image』のBOXが出ているそうですよ。

Sony Music Shop

タグ: , ,

Cliffs of Dover(遥かなるドーバ)/Eric Johnson

世界的ギタリスト・Eric Johnson(エリックジョンソン)の有名な一曲「Cliffs of Dover」です。3連のアップテンポなギターインストなんですが、非常にポップでメロディが美しいです。アルバム『Ah Via Musicom』の2曲目に収録されています。

Eric Johnsonの特徴の一つに非常に丸みを帯びたトーンがあると思います。ストラトキャスターというギターは性質上、硬い音になりやすいのですが、まるでハムバッカーのフロントを使用しているかのような、いやそれとも違った音を作っています。最近はEric Johnsonモデルなんかも発売されていますが、何か違いがあるのでしょうかね。

 iTunes Store(Japan)

Eric Johnsonが初めて来日公演をした際に日本人スタッフを驚かせたのが、ギターのチューニングと調整に尋常じゃない時間をかけたということだったそうです。本物のプロがこだわる視点というのはこういう基本ばかりだったりするんですよね。

※5分27秒あたりからが本番です(笑)

ロックギタリストではありますが、クリーントーンの美しさも必聴ですし、カントリースタイルが非常に取り入れられていることも特筆すべき点です。その辺のロックギタリストとはひと味もふた味も違った音を聴かせてくれます。

タグ: , , , ,

«前のページ