アイデンティティ/サカナクション

 iTunes Store(Japan)

久々にかっこいいJ-ROCKバンドに出会えた。前回紹介したSuperflyもカッコいいのだけれど、Superflyの場合はどちらかというとボーカルのかっこよさが際立っていた。サカナクションは純粋にバンドとして、しかもJ-ROCKバンドとしてのかっこよさがにじみ出ていると思う。

“カッコいいバンド”の僕なりの基準がいくつかあって、それはPOP/ROCKであろうが、Funk、Jazz、Soulであろうが全てに共通するものだと思っている。それは「楽曲自体の良さ」「個々のパートの個性が上手くにじみ出たアレンジ」「バンドが伝えようとする世界観」、この三つ。

◆楽曲自体の良さ

楽曲は非常に日本的だと思うのだけど、かといって従来の、例えば90年代に席巻したカラオケブーム的な楽曲、の路線を継承しつつ、サカナクションロックに昇華したメロディラインだと思う。例えばAメロの作り方などは非常に特徴があり、単純にメロディアスとか歌謡チックとかそういう言葉で表現できない、どこか陰な雰囲気を醸し出している。

◆アレンジ

サカナクションは完全にボーカルの山口一郎の才能が引っ張って行っているバンドであることは疑いの余地がない。この人はかなり変わった人物だと思っている。各ラジオ番組への出演やUstreamなどを見ていてそう思った。しかし大事な事は才能に溢れたボーカルの山口一郎をさらに際立てるべく、周りのプレイヤーがしっかりと(演奏やアレンジ面で)下支えし、さらに強烈な個性を押し出している事だろう。これはミスチルやスピッツなどにも同様のことが言える。

◆世界観

彼らが表現している世界観はあまり明るいものではない。しかし、特に90年代ヴィジュアル系に見られたような陰鬱な世界観ともまた違う。ありふれたラブソングとも違うし(それは失恋ソングも含む)、ミスチルが登場してからよく語られるようになった「等身大」の歌詞でもなければ、最近流行りの友達ラブ家族ラブな世界観でもない。言葉にするのは難しいが、非常に内向的な世界観だろう。

サカナクションはロックとテクノの融合を目指しているらしい。その影響もあってか、最新アルバム「Documentaly」ではダンスビートがほとんどとなっている。ここは一点不満なところではあるのだが、その感想は非常に個人的なものでありチープなものだ。最新アルバムDocumentalyのファーストトラックであり、シングルでもある「アイデンティティ」を聴いた瞬間に、そんな不満はすぐに忘れられる。

タグ: , ,

ROCKs/大黒摩季

今や女性ロックボーカリストのなかでは大御所となってしまった大黒摩季からの一曲です。この曲は大黒摩季の中で一番好きな曲ですね。

『Rocks』という曲ですが、その名の通りとってもロックした曲に仕上がっています。94年に発売されたアルバム『永遠の夢に向かって』の2曲目に収録されています。1曲目がタイトルトラックでもある『永遠の夢に向かって』なのですが、そこからの流れがなかなかカッコ良かったりするんですよね。この2曲だけでもこのアルバムは一聴の価値ありだと思います。

歌詞の中で「親のすねを骨までかじって 金巻いて女抱いて 夢を語っても何だねえ」って部分があるんですけど、高校出て上京してからは(学費も生活費も)親に一切頼らずに生活してきたので、妙にシンパシーを感じた部分でした(笑)。

大黒摩季と言えばパッと思いつくのがプロデューサーでありギタリストでもある葉山たけし氏です。良くも悪くも「ビーイング」と言った印象。ちなみにこの『ROCKs』のミックスダウンを行ったエンジニアはスティーブ・ペックという人で、ホイットニー・ヒューストンの『So Emotional』やマドンナの『Where’s The Party』なんかをミックスした人物なのだそうです。

ライブ良いですね!ロックしてます。この曲のスラップがまた気持ち良いところで入ってくるんですよね~。それにしてもいつも思うけどホーンセクションってなんであんなに楽しそうなんだろう。妙な仲間意識が垣間見えてなんとなく羨ましい(笑)。

それにしてもあの頃、大黒摩季が動いている姿を見れるなんて想像もできなかった(笑)。当時のビーイングの戦略の一つだったらしいですが、映像メディアへの露出を極端に抑えていたんですよね。僕らの世代ならみな知っているはずです。一時期は「実は大黒摩季と言う人はいないんじゃないか」との噂が流れたほど(笑)。

タグ: , ,

ロビンソン/スピッツ

『ロビンソン』。もはや僕が解説するまでもなく、アルバム『ハチミツ』にも収録されている95年に発売されたスピッツの大ヒットシングルであり、出世作です。

タイトルのロビンソンは百貨店から取ったらしいです。しかし歌詞とは全く関係ありません。それもそのはず、仮タイトルでつけたものがそのまま使われてしまったからです。これは発売された当時、色々なミュージックステーションで草野さんが話していました。

この時代はスピッツの他にもmr.childrenやウルフルズ、シャ乱Qといった、割と長年売れていたバンドが続々と芽をだしていた時期でもありました。音楽バブル真っ只中。日本経済のバブルは弾けたけど、音楽とゲームは不況知らずと言われていた時代です。しかしその双方が15年以上過ぎた今は崩れてしまっているわけですが…。

スピッツの特徴は何と言っても草野正宗さんの独特の世界観を持つ歌詞と、懐かしさ漂うメロディですよね。最近スピッツは精力的に活動し始めているようで、よくテレビなんかで見かけます。実力のあるバンドですし、メンバーもまだまだ若い(はず?)でしょうし、もっともっとたくさん活動してほしいバンドですね!

タグ: , ,

次のページ»