アイデンティティ/サカナクション

 iTunes Store(Japan)

久々にかっこいいJ-ROCKバンドに出会えた。前回紹介したSuperflyもカッコいいのだけれど、Superflyの場合はどちらかというとボーカルのかっこよさが際立っていた。サカナクションは純粋にバンドとして、しかもJ-ROCKバンドとしてのかっこよさがにじみ出ていると思う。

“カッコいいバンド”の僕なりの基準がいくつかあって、それはPOP/ROCKであろうが、Funk、Jazz、Soulであろうが全てに共通するものだと思っている。それは「楽曲自体の良さ」「個々のパートの個性が上手くにじみ出たアレンジ」「バンドが伝えようとする世界観」、この三つ。

◆楽曲自体の良さ

楽曲は非常に日本的だと思うのだけど、かといって従来の、例えば90年代に席巻したカラオケブーム的な楽曲、の路線を継承しつつ、サカナクションロックに昇華したメロディラインだと思う。例えばAメロの作り方などは非常に特徴があり、単純にメロディアスとか歌謡チックとかそういう言葉で表現できない、どこか陰な雰囲気を醸し出している。

◆アレンジ

サカナクションは完全にボーカルの山口一郎の才能が引っ張って行っているバンドであることは疑いの余地がない。この人はかなり変わった人物だと思っている。各ラジオ番組への出演やUstreamなどを見ていてそう思った。しかし大事な事は才能に溢れたボーカルの山口一郎をさらに際立てるべく、周りのプレイヤーがしっかりと(演奏やアレンジ面で)下支えし、さらに強烈な個性を押し出している事だろう。これはミスチルやスピッツなどにも同様のことが言える。

◆世界観

彼らが表現している世界観はあまり明るいものではない。しかし、特に90年代ヴィジュアル系に見られたような陰鬱な世界観ともまた違う。ありふれたラブソングとも違うし(それは失恋ソングも含む)、ミスチルが登場してからよく語られるようになった「等身大」の歌詞でもなければ、最近流行りの友達ラブ家族ラブな世界観でもない。言葉にするのは難しいが、非常に内向的な世界観だろう。

サカナクションはロックとテクノの融合を目指しているらしい。その影響もあってか、最新アルバム「Documentaly」ではダンスビートがほとんどとなっている。ここは一点不満なところではあるのだが、その感想は非常に個人的なものでありチープなものだ。最新アルバムDocumentalyのファーストトラックであり、シングルでもある「アイデンティティ」を聴いた瞬間に、そんな不満はすぐに忘れられる。

タグ: , ,

Rollin’ Days/Superfly

かなり久しぶりの更新になってしまいましたが、どうしてもこれは書かずにはいられなかったので、書きます。J-POPのボーカリストでは久々のヒット!Superflyです。

J-Waveを最近常に聴いてるのですが、ラジオ内で流れていて知ったんですよね。オリンピックのテーマを歌ってたのは知っていましたが、そんなにピンと来なかったんですよね。でもこの曲で興味を持っていくつかiTunes Storeで購入してみました。ちゃんと聴いてみると、声と曲があまりにツボってしまって現在ヘビロテ中です。

曲は日本で言えばDo As InfinityのポップさとLove Sychedelicoのサイケっぽさの中間あたりって感じですかね。洋楽で言えばSheryl Crowな雰囲気があるような気がします(これはギターの音質やアレンジの影響かも)。

ボーカルは志帆さんという方なのですが、見た目が70年代って感じですよね(笑)。意識してるのかなーと思っていたらやはりあの人の影響をかなり受けているようです。そう、ジャニスジョップリン。大学時代にジャニスを聴いてロックに傾倒したのだとか。しかも、ジャニスのバックバンドのメンバーとスタジオライブで共演しているのだとか!

Down On Me/越智志帆

バックバンドはおっさんだけど(笑)でもなんかちょっと重ね合わせてしまうところあります。日本人離れした声量と表現力。今後も注目です!

タグ: , ,

SWEET EMOTION/相川七瀬

『Sweet Emotion』と言ってもエアロスミスのカバーではありません(ちなみにスティーブン・タイラーのファンと公言しています)。相川七瀬の7枚目のシングルであり、2ndアルバム『paraDOX』に収録されている曲です。

95年に代表曲とも言える『夢見る少女じゃいられない』でデビューした相川七瀬。いわゆる“ビーイング系”と言われるカテゴライズされがちですが、実はビーイング系ではないらしいです。織田哲郎が絡むと全部ビーイング系と思えてしまえなくもない(笑)。当時はヴィジュアル系全盛の時代で、ロックといえばヴィジュアル系だったためか、相川七瀬の楽曲に登場するような正当派なロックギターは非常に少なかった印象があります。そんな中で登場した相川七瀬はそこそこインパクトがあったのかもしれません。僕は初めてカウントダウンTVで聴いた時は「そんな売れないんじゃないかなぁ~」と思いましたけどね(笑)。

マーティと石塚先生が弾いてる(笑)。この曲は相川七瀬のイメージである、若干ダークな曲とは一線を画す感じが良いです。僕はハードロックが好きですが、どちらかというとメロディはポップで明るい曲が好きなんですよね。だからこの曲は非常にハマりました。いわゆる産業ロック?ってやつですかね。メロディを追いかけるように流れるストリングスがとっても素敵です。リフやAメロ~Bメロのロックンロールな感じとサビの美しいメロディのギャップも良いです(これは相川七瀬の曲全般がそうだけど)。なんとなく楽しくなれちゃう楽曲です♪

タグ: , ,

次のページ»