STAY FREE/KATZE

 iTunes Store(Japan)

高校の時、数少ない邦楽で好きだったバンドです。KATZEから紹介するのは『STAY FREE』。本当にこの曲は家に帰ったらギターで毎日のように弾いていた記憶があります。

しかしKATZEがiTunes Storeにおいてあるとは予想だにしませんでした!かなり驚き。KATZEは活動していた当時、バンドマンの中でも一目おかれるようなバンドだったらしいです。90年前後に活動していて、4枚のアルバムをリリースして解散。僕はオリジナルアルバム4枚とも持っていますが、どれもカッコ良いです。いわゆるバンドブームの終わり頃に解散したのですが、真っ只中だったらもっと評価が変わってたりしたのかな、という気がしないでもないです。僕の中ではBOOWYよりも好きなバンド。

確か山口の下関出身の4人組なんですよね。LOVE IS HEREのツアーのビデオのMCの中で、レコーディングをした町(海外のどこか。どこだったかは忘れた)が生まれた下関に似ているというようなことを言ってた記憶があります。

KATZEのボーカルである中村敦はライブではスタジオ版のメロディをかなり崩して歌うんですよね。曲によってはもう原型が無いんじゃないかってくらい。それがまたカッコよく映ってね(笑)。あとギターの尾上賢もスタジオ版からかなり崩して弾くスタイルがカッコよかった。特にギターを弾いていた身としては尾上さんのようなスタイルのギタリストになりたいと本気で思ったほどです。自由に弾くんだけど、メロディ重視な、ね。

再結成は望まないけど、もっと多くの人に知ってもらいたいバンドの一つです。

タグ: , , ,

天使の休息/久松史奈

久松史奈は立ち位置的には浜田麻里、久宝留理子、相川七瀬のあたりと同じところだと思うのですが、その系統のボーカリストの中では一番好きです。曲に恵まれているというのもありますが、ちょっとかすれた感じの声がとっても魅力的で好きです。

そんな久松史奈といえばこの曲『天使の休息』です。これは確かドラマの主題歌になった曲ですよね。

この曲がヒットしたのは1993年だったと思いますが、当時僕は小学6年生でした。カウントダウンTVの前身番組『COUNT DOWN100』がまだ土曜20時枠でやっていたんですよね。山田邦子と渡辺正行が司会やっていたのを覚えています。山田邦子が大江千里の「ありがとう」を真似してバカにしていた記憶があります(笑)。でも山田邦子がそうやって取り上げていると不思議とランクが上がっていくんですよね。

『天使の休息』もそのCOUNT DOWN100から見つけ出した曲でした。もちろんかなり売れていたのでランクは上の方でしたけどね。ドラマは見ていなかったので、番組が無ければ知らなかったかも知れません。

この動画はリアルタイムで見てました。感動しているタカの気持ちがすごくわかる!一目ぼれしたっていう気持ちもわかる(笑)。この曲はメロディと歌詞が非常に上手く絡み合っている感じがします。だから記憶に残りやすい。いつのまにか口ずさんでしまうような、そんなメロディ。特にサビは特筆するに値すると思います。

FUMINA HISAMATSU OFFICIAL SITE【久松史奈オフィシャル・サイト】

それにしても声が昔と変わらず素敵だなぁ~、と思っていたら、久松さんまだ現役で活動されているそうです。ライブ見に行ってみようかな。

作曲担当した藤生ゆかりとのコラボレーションです。貴重な映像!

タグ: ,

ずっと好きだった/斉藤和義

“せっちゃん”こと斉藤和義の38枚目のシングル「ずっと好きだった」。この曲は最近のJ-POP/ROCKでは最もハマった曲と言って良いでしょう!問答無用に良いよ!(意味不明)

 iTunes Store(Japan)

僕はこの曲を聴いたときに思ったことは、日本の音楽はターゲットが30代以上にシフトしてきているんだなぁということでした。ヒットチャートと言えば中高生の独占市場で、彼らに耳を傾けなければ売れない、逆に言えば彼らに耳を傾けてさえいれば大丈夫という時代が続いてきました。しかし、現代の趣味や娯楽の多様化により、音楽の彼らの中に占める割合と言うのが一気に減ってしまったのは周知の事実です。
(まあ他にも色々理由はあるんだけど)

というわけで30代~のハートをがっちり掴んだのがこの曲でした。

斉藤和義をちゃんと聴き始めたのは2000年くらいからだったのですが、なんていうか彼のスタイルってのは昔から変わらないですよね。古い洋楽のポップス・ロックが好きなんだなぁとひしひしと感じます。このPVからは特に(笑)。

最初見た時、爆笑してしまった(笑)。元ネタはこれ↓

ビートルズがかなり好きみたいってのは他の曲を聴いてもよくわかります。というか「僕の見たビートルズはテレビの中」って曲があるくらいだからね。

シングルのB面に入っている「ウームの子守唄」も素敵です。この曲は昨年生まれた第一子に向けて作られた曲なんだそうな。ますます斉藤和義ファンになってしまいますね!

タグ: , , ,

«前のページ 次のページ»