Alone Again (Naturally)/Gilbert O’Sullivan

 iTunes Store(Japan)

『Alone Again』この曲も世界的大ヒット曲ですね。僕が初めて聴いたのは高校の時、英語の教科書に載っていたのですが当時の先生が紹介してくれました。その先生はミュージシャンな先生でちょっと変わった人だったのですが(いや先生って変わった人多いと思うけど…)ジョンレノンが好きだったらしくて、僕がアメリカンオールドポップスにハマる一翼を担ってくれたような気がします。イントロのコードが素敵ですよね。

この曲、すっごい好きなんです。なんだろう、この明るいメロディなんだけどすごく寂しい感じ。『alone again , Naturaly – 結局一人ぼっち』最後にポツリと歌われる一文が、なんとなく生きることに虚しさを感じていた(厨二病な)高校生の心を捉えるには十分でした。今でも定期的に聴きたくなり、CDを取り出してはディスクをオーディオに挿入するのです。やはりこれも青春時代に聴いていただけあって、青春時代の甘酸っぱい思い出(そんなのがあったかどうかはどうでもよいw)がよみがえるような思いがします。

Alone Again (Naturally) [Live]をiTunes Storeで購入

歌うのはGilbert O’Sullivan、読み方はギルバート・オサリバンです。彼の曲は他にもたくさん良い曲があるんですが、入門編としては『alone again』がベストですね。というか必修科目です(笑)。ギルバート・オサリバンはアイルランド出身のシンガーソングライターで『Alone Again』は1972年に発売されたシングルです。非常に歌詞が独特で、自殺をしようと思ったけどやめることとか、両親が死んだこととか、そういったことを淡々と綴っています。ちなみに自叙伝ではないということです。

歌詞を日本語で歌っている方がいたので紹介しておきます。なんだか微笑ましい(笑)。

ギルバートオサリバンの曲は今後も紹介していきたいのですが、バラード『Tommorow Today』とかちょっとロックな『Get Down』とか良いのでチェックしてみてください。


↑このアルバムはオススメ!

タグ: , , ,