Don’t Give It Up/Larry Carlton

 iTunes Store(Japan)

ラリー・カールトン(Larry Carlton)と言えば『Room335』が有名ですが、今回紹介する曲は別の曲です。『Room335』と同じアルバムに収録されている『Don’t Give It Up』です。

実は僕がラリーカールトンを好きになった曲はこの曲だったりします。『Last Nite』というライブアルバムの2曲目に収録されているのですが、そのアルバムが初めて聴いたカールトンでした。

ギターはトレードマークでもある335ではなくストラトキャスターを使用していますね。ホーンセクションが良いアクセントになっています。シンプルなブルース進行の上に乗せられたテーマのメインメロディが非常にキャッチーですが、カールトンのソロもまた非常にキャッチーなメロディを奏でています。こういうソロプレイって日本のギタリスト(いわゆるクロスオーバー系?)に大きく影響を与えているような気がしますね。昔中途半端にコピーした記憶があります(笑)。

タグ: , ,

DICE/HIDE

僕はJ-ROCK界に最も影響を与えたロックミュージシャンはX JapanのYoshikiでもなく、BOOWYの氷室京介でもなく、HIDEだと思っています。だからこそ彼が生きていたら今のつまんないJ-ROCKも違っていたのかなぁと夢想してしまいます。(現実は一つなのでそんな妄想は何の価値もないということはわかっているのだけどね)

そんなHIDEからの一曲は、ソロ活動初期のシングルから。『DICE』です。この曲はHIDEソロ1stアルバム『HIDE YOUR FACE』の2曲目に収録されています。1曲目がSE的な小曲なので実質的なファーストトラックと言ってよいでしょう(その1曲目がこれまたすばらしいんだけど)。

HIDEのソロは後半はzilchのようなインダストリアル系であったり、Supred Beaverのような割とパンキッシュなスタイルであったりとそういうイメージが強いですが、初期はHM/HRの色が濃いです。X Japanの流れをくんでいるような。そういえばToshiもソロ初期作はかなりHR/HMな感じだったのにいつのまにやら…でしたね。やはり売れる為のなんらかの工作があるのでしょうか(笑)。

HIDEと言えば僕はいまだに“ペイントギター”と“爆発赤髪”がシンボルだと思っています。後半はメインで使用することはなくなりましたが。X Japanの最盛期のイメージなんですけどね。

うーん、見ているとなんとなく涙が出そうになる。HIDEとPATAって良いコンビだったよね。今見るとXで弾いているHIDE&PATAよりもHIDEソロで弾いているHIDE&PATAの方が好きかもしれない。なんていうかXよりもHIDEもPATAも自分の持ち味を出せているような気がするし、楽しそう。昔は特別ファンってわけでもなかったけど(Xは好きだったけどメンバー個人に熱烈なファン、というレベルではなかった)、なんか今はとっても好き。なんだろうなぁ。

タグ: , , ,

Drive My Car/The Beatles

そういえばビートルズ(The Beatles)の曲を一曲も紹介していなかった!ということで今回はビートルズからの一曲です。『Drive My Car』多分聴いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ビートルズはイギリスはリバプール出身の4人組グループ。バンドのメンバーの名前なんて全員知っている場合ってのは熱烈なファンでもない限り殆どないですが、ことビートルズに関して言えば、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スター、この4人の名前を知っている人は多いのではないでしょうか。それだけ有名なバンドということなのでしょう。

ビートルズと言えば60年代に一大ムーブメントを巻き起こしたばかりではなく、後の音楽シーンに多大なる影響を与えました。アイドル的な側面を持ちつつも、活動中にリリースされた曲のジャンルは多彩。ポップな曲もあれば、感動のバラードもあり、ロックンロールもあり、そしてこの『Drive My Car』はどこかサイケデリックな雰囲気を持ったロックと言えるでしょう。

昔とあるきっかけで購入したビートルズのアルバム。最初聴いたときはいまいちよくわからなかったのを覚えています。でもそんな中でもポップな曲を見つけてなんとか嫌いにはならずに済みました(笑)。確か『Please Please Me』だったかな。

中学生の時に『洋楽はビートルズから』という何とも教科書的な洋楽入門を果たしたのですが、でもやっぱり初心者としては最適だと思いますし、初心者じゃなくても楽しめるバンドですね。ジャンルを問わずに多くの(本当に多くの)ミュージシャンがカバーしていることからも、このバンドの偉大さがわかります。

タグ: , ,

次のページ»