Season Train/RAZZ MA TAZZ

 iTunes Store(Japan)

この曲は知ってる人少ないと思うのですが、RAZZ MA TAZZというバンドの曲です。まさに僕がJ-POPに一番ハマっていた時期に見つけたポップバンドです。確かこのころmr.chirdrenやスピッツがでてきて、それに続いて(?)L⇔Rやsmileが出てきたんですよね。うわー、自分で書いてて思うけど、この辺も知らない人多いだろうなぁ~…。

超絶さわやか系なポップロックバンドです。今はこういうバンドはなかなか売れないよねぇ。というか当時も別にそんな売れていたわけではないと思うんですけどね。まあ、市場規模が違ったっていうのはあるので一概に比較はできませんが。

CMソングだった記憶はあったのですが、まさか桜井幸子が出演しているCMの曲という記憶はありませんでした!もしかして、この曲を好きになった理由ってこれだったりして(桜井幸子ファン)。好きな人が好きな曲を好きになるみたいな心理とちょっと似てるかもね(笑)

RAZZ MA TAZZと言えば他にもいくつかスマッシュヒットした曲があるんですよね。「Merry Go Round」や「素敵な君」。どれもメロディののびやかさとポップさがGoodなんです。気になる方はググってみて。「Merry Go Round」なんかはとっても歌謡曲チックで日本人好みかも。ちなみに作曲者であるギターの三木拓次さんは2002年に33歳という若さでこの世を去っています。RAZZ MA TAZZのメロディメーカーで、今後も作曲家としての活躍が期待されていたのですが、残念ですね。

この時代のアーティストは他にもたくさん良いのがいるので今後も紹介していきますよ(^^)

タグ: ,

遠く遠く/槇原敬之

「遠く遠く」は槇原敬之の3rdアルバム「君は僕の宝物」に収録されている名曲。アルバムの曲であるにも関わらず、非常に人気のある楽曲となっています。多分歌詞の内容にシンパシーを感じる人が多いのだろうと推測しますが、僕が初めて聴いたのが上京したてのころだったせいか、やはり同じように共感をしてしまったのです。


遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい

本当にそうありたいですね。そうなれるための努力と思えば少しは楽しくできるかな?

アルバム「君は僕の宝物」自体は1992年のリリース作品で、シングルは有名な2曲「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」が入っています。槇原敬之はちょうど僕がJ-POPを聴き始めたころに「どんなときも」がヒットして一躍時の人となっていました。でも今聴いてもそのメロディは心に沁みいるものがおおいように思えます。

メロディメーカーとしての力があることを証明するように、楽曲提供はかなりたくさん行っています。有名な所で言えばSMAPの「世界にひとつだけの花」でしょうね。爆発的にヒットしました。槇原敬之の詞の世界は若干の青臭さがあるように感じますが、それこそが槇原節なのかもしれません。それでも許されるというか。

この「遠く遠く」という曲もスッと胸に落ちてくるような、そんな曲です。

タグ: , ,