START/JUN SKY WALKER(S)

 iTunes Store(Japan)

この曲はある意味僕の将来を変えた曲かもしれません。バンドブームに出てきた人気バンドJUN SKY WALKER(S)のヒット曲『START』です。

というのも、この曲は僕が初めてギターで一曲まるごとコピーした曲なんです。なんでJUN SKY WALKER(S)にしたかというと、初めて家にやってきたギターが黒のレスポールで(ジュンスカのギターと同じ)、さらにそれを持ってきてくれた人(当時はまだ結婚していなかったが、今は姉の旦那)がJ(S)Wが好きだったからです。その影響です。

ギターのアレンジはずっとギターコードを鳴らしてる感じで、正直今弾くとつまらないのですが、当時は本当に一生懸命コードを抑えて弾いたものです。J(S)Wが最初に弾いたバンドだったことですごく良かったことがあります。その後一切セーハコードにつまずくことが無かったからです。最初にやっとくと良いものですね。Fとか抑えるのに苦労した記憶がないんです。初心者だったからどれもこれも弾けるようになるのに苦労したんですが、セーハコードとそれ以外の技術の難しさの差がわからないまま覚えていったような感じがしますね。

ちなみにジュンスカの最後についている(S)って、なんでカッコがついているか知ってますか?これはバンドは複数だから「~S」のように複数形にしないとおかしいよ、と高校時代に英語の先生に指摘されたのだけど、他人に決められるのはしゃくだからささやかな反抗としてカッコをつけたんだそうです。今ではトレードマークになってしまいましたね。

『START』は「年の差なんて」のクイズに出題されていたのを良く覚えています。なかなか面白い映像ですよ。

それにしても寺岡呼人がプロデューサーとして売れるとは全く当時は想像もできなかったなぁ。

タグ: , , ,

ロビンソン/スピッツ

『ロビンソン』。もはや僕が解説するまでもなく、アルバム『ハチミツ』にも収録されている95年に発売されたスピッツの大ヒットシングルであり、出世作です。

タイトルのロビンソンは百貨店から取ったらしいです。しかし歌詞とは全く関係ありません。それもそのはず、仮タイトルでつけたものがそのまま使われてしまったからです。これは発売された当時、色々なミュージックステーションで草野さんが話していました。

この時代はスピッツの他にもmr.childrenやウルフルズ、シャ乱Qといった、割と長年売れていたバンドが続々と芽をだしていた時期でもありました。音楽バブル真っ只中。日本経済のバブルは弾けたけど、音楽とゲームは不況知らずと言われていた時代です。しかしその双方が15年以上過ぎた今は崩れてしまっているわけですが…。

スピッツの特徴は何と言っても草野正宗さんの独特の世界観を持つ歌詞と、懐かしさ漂うメロディですよね。最近スピッツは精力的に活動し始めているようで、よくテレビなんかで見かけます。実力のあるバンドですし、メンバーもまだまだ若い(はず?)でしょうし、もっともっとたくさん活動してほしいバンドですね!

タグ: , ,