Under The Violet Moon/Blackmore’s Night

 iTunes Store(Japan)

リッチーブラックモアと言えば、ディープ・パープルやレインボーと言ったバンドを思い浮かべる人が多いと思いますが、このブラックモアズ・ナイトも僕はかなり好きなリッチーの一面であったりします。

メンバーはボーカルのキャンディス・ナイトとリッチー・ブラックモアを中心に更正されています。デビューは97年。音楽的にはヨーロッパ風な叙情的なメロディが非常に魅力的な作品が多くなっています。日本人もこういうの好きですよね。現在は小さなライブハウスを中心に活動しているのだそう。あのリッチーを小さいライブハウスで見られるというのもまたすごいことですが(^^;

アンダー・ザ・バイオレット・ムーンは99年に発売された同名のタイトルのアルバムのファーストトラックに収録されている曲です。なんだろう、この「夜会」みたいな雰囲気のアレンジが妙にツボで、今でもたまに聴いているほどハマってしまいました。手拍子は裏拍じゃないんだけど演歌でもない、みたいな(笑)

ちなみに有名だと思いますが、キャンディス・キャメロンはリッチーの恋人(婚約者?結婚した?)です。そういえば日本では小室哲哉が当時恋人だった華原朋美をプロデュースしていたけど、自分の恋人と一緒にユニット組むってよくできるなぁ〜と思ってしまいます。

このブラックモアズ・ナイトは昔からのリッチーファンにはちょっと評判が良くない見たいです。こんなのやるくらいならパープルやレインボーに戻ってくれ、といった声をちらほら聴きます。僕は逆でこっちのリッチーの方が好きだったりします。もちろんパープルやレインボー時代のリッチーは神がかっていたし、僕も好きですが、ブラックモアズ・ナイトの方が実はリッチーがやりたい事をのびのびと出来ているのじゃないかなと、勝手に解釈しているからなのですが。

タグ: , , , , ,

I Surrender/RAINBOW

RAINBOWはDEEP PURPLEの元ギタリストとして有名なリッチーブラックモアが参加していたへヴィメタルバンドです。今回紹介する『I SURRENDER』はアルバム・Difficult to Careのファーストトラックで、叙情的なメロディが印象的な一曲です。

僕がへヴィメタルにハマったきっかけは明らかに高校時代の友人である2bulletのDee Leeの影響です。いまでこそ違うジャンルの音楽をやっている彼ですが、当時はKISSやDEEP PURPLEのようなスタンダードなロックに非常に影響を受けていました(いや今でも影響は受けている、というかもしれない)。オジーやメイデン、プリースト、インギー、ハロウィンなどを聴くようになったのは彼の影響です。

Assassination/2bullet

そんな彼と一緒に高校生活を送る中で、彼が買ってきた一枚の中にDifficult to Careがありまして、聴かせてくれたときに一発で惚れたのを覚えています。このアルバムは『I SURRENDER』以外にも良い曲がありますよ。ちなみにタイトルトラックの『Difficult to Care』はベートーベンの第九のカバーです(笑)。

東京に出てくるとレンタルビデオ店のライブビデオの多さにびっくりしました!RAINBOWのライブビデオも借りてきて見たのですが、このライブはカッコ良いですね。特にイントロのキーボードから本編に入る所なんて鳥肌モノ!(笑)

へヴィメタルバンドと冒頭で紹介していますが、多分メタルのイメージを「ガンガンに歪んだへヴィな音」と想像していた人には肩透かしな感じかもしれませんね。何を持ってへヴィメタルバンドというかというのは人それぞれの基準があるだろうし、これはへヴィメタルに限らないと思うのですが、ただ言えることは「重い音を出しているバンド=へヴィメタルバンド」ではないということですね。個人的にそう思っています。

非常にメロディックな曲ですので、是非是非聴いてみてくださいね!

タグ: , , , , ,