遠く遠く/槇原敬之

 iTunes Store(Japan)

「遠く遠く」は槇原敬之の3rdアルバム「君は僕の宝物」に収録されている名曲。アルバムの曲であるにも関わらず、非常に人気のある楽曲となっています。多分歌詞の内容にシンパシーを感じる人が多いのだろうと推測しますが、僕が初めて聴いたのが上京したてのころだったせいか、やはり同じように共感をしてしまったのです。


遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように
力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい

本当にそうありたいですね。そうなれるための努力と思えば少しは楽しくできるかな?

アルバム「君は僕の宝物」自体は1992年のリリース作品で、シングルは有名な2曲「冬がはじまるよ」「もう恋なんてしない」が入っています。槇原敬之はちょうど僕がJ-POPを聴き始めたころに「どんなときも」がヒットして一躍時の人となっていました。でも今聴いてもそのメロディは心に沁みいるものがおおいように思えます。

メロディメーカーとしての力があることを証明するように、楽曲提供はかなりたくさん行っています。有名な所で言えばSMAPの「世界にひとつだけの花」でしょうね。爆発的にヒットしました。槇原敬之の詞の世界は若干の青臭さがあるように感じますが、それこそが槇原節なのかもしれません。それでも許されるというか。

この「遠く遠く」という曲もスッと胸に落ちてくるような、そんな曲です。

タグ: , ,