DICE/HIDE

 iTunes Store(Japan)

僕はJ-ROCK界に最も影響を与えたロックミュージシャンはX JapanのYoshikiでもなく、BOOWYの氷室京介でもなく、HIDEだと思っています。だからこそ彼が生きていたら今のつまんないJ-ROCKも違っていたのかなぁと夢想してしまいます。(現実は一つなのでそんな妄想は何の価値もないということはわかっているのだけどね)

そんなHIDEからの一曲は、ソロ活動初期のシングルから。『DICE』です。この曲はHIDEソロ1stアルバム『HIDE YOUR FACE』の2曲目に収録されています。1曲目がSE的な小曲なので実質的なファーストトラックと言ってよいでしょう(その1曲目がこれまたすばらしいんだけど)。

HIDEのソロは後半はzilchのようなインダストリアル系であったり、Supred Beaverのような割とパンキッシュなスタイルであったりとそういうイメージが強いですが、初期はHM/HRの色が濃いです。X Japanの流れをくんでいるような。そういえばToshiもソロ初期作はかなりHR/HMな感じだったのにいつのまにやら…でしたね。やはり売れる為のなんらかの工作があるのでしょうか(笑)。

HIDEと言えば僕はいまだに“ペイントギター”と“爆発赤髪”がシンボルだと思っています。後半はメインで使用することはなくなりましたが。X Japanの最盛期のイメージなんですけどね。

うーん、見ているとなんとなく涙が出そうになる。HIDEとPATAって良いコンビだったよね。今見るとXで弾いているHIDE&PATAよりもHIDEソロで弾いているHIDE&PATAの方が好きかもしれない。なんていうかXよりもHIDEもPATAも自分の持ち味を出せているような気がするし、楽しそう。昔は特別ファンってわけでもなかったけど(Xは好きだったけどメンバー個人に熱烈なファン、というレベルではなかった)、なんか今はとっても好き。なんだろうなぁ。

タグ: , , ,