Rollin’ Days/Superfly

 iTunes Store(Japan)

かなり久しぶりの更新になってしまいましたが、どうしてもこれは書かずにはいられなかったので、書きます。J-POPのボーカリストでは久々のヒット!Superflyです。

J-Waveを最近常に聴いてるのですが、ラジオ内で流れていて知ったんですよね。オリンピックのテーマを歌ってたのは知っていましたが、そんなにピンと来なかったんですよね。でもこの曲で興味を持っていくつかiTunes Storeで購入してみました。ちゃんと聴いてみると、声と曲があまりにツボってしまって現在ヘビロテ中です。

曲は日本で言えばDo As InfinityのポップさとLove Sychedelicoのサイケっぽさの中間あたりって感じですかね。洋楽で言えばSheryl Crowな雰囲気があるような気がします(これはギターの音質やアレンジの影響かも)。

ボーカルは志帆さんという方なのですが、見た目が70年代って感じですよね(笑)。意識してるのかなーと思っていたらやはりあの人の影響をかなり受けているようです。そう、ジャニスジョップリン。大学時代にジャニスを聴いてロックに傾倒したのだとか。しかも、ジャニスのバックバンドのメンバーとスタジオライブで共演しているのだとか!

Down On Me/越智志帆

バックバンドはおっさんだけど(笑)でもなんかちょっと重ね合わせてしまうところあります。日本人離れした声量と表現力。今後も注目です!

タグ: , ,

My Favorite Things/Kenny Burrell

この曲は非常に有名な曲で、多くのミュージシャンがカバーをしているのですが、今回紹介するのはジャズギタリスト、ケニー・バレルのバージョンです。

多分、多くの人が耳にしたことのあるメロディだと思います。有名なところだとJR東海のCM「そうだ、京都行こう」シリーズのバックで流れていたりしますね。You Tubeにて「そうだ、京都行こう」で検索するといくつか動画が出てくるのでぜひ見てみてください。いろんなアレンジのバージョンを“試聴”できますから(笑)。もしかしたらケニー・バレルバージョンもあるかも?

ケニー・バレルはアメリカ出身の黒人ジャズギタリスト。多くの小さなジャンルに枝分かれしているジャズギターというジャンルですが、ケニー・バレルはブルースに根差したプレイが特徴です。美しいメロディやそれを演出する絶妙のタイム感、この辺がファンを惹きつけて離さないようです。

My Favorite Thingsはアップテンポのリズムとそれを追いかけるように入ってくるホーンセクション、しかしゆっくりとリスナーの耳に溶け込んでくる丸みを帯びたケニーのギターメロディが非常に素敵な一曲となっている。

ウェスの「A DAY IN THE LIFE」のようなイージーリスニング的な要素があるので、アドリブを楽しみたいと言う人にはなかなか向いていないところがあるかもしれないが、僕のようにジャズにのめりこんでいるわけではない人間にとっては非常に魅力溢れる楽曲になっています。

タグ: , , , ,

Under The Violet Moon/Blackmore’s Night

リッチーブラックモアと言えば、ディープ・パープルやレインボーと言ったバンドを思い浮かべる人が多いと思いますが、このブラックモアズ・ナイトも僕はかなり好きなリッチーの一面であったりします。

メンバーはボーカルのキャンディス・ナイトとリッチー・ブラックモアを中心に更正されています。デビューは97年。音楽的にはヨーロッパ風な叙情的なメロディが非常に魅力的な作品が多くなっています。日本人もこういうの好きですよね。現在は小さなライブハウスを中心に活動しているのだそう。あのリッチーを小さいライブハウスで見られるというのもまたすごいことですが(^^;

アンダー・ザ・バイオレット・ムーンは99年に発売された同名のタイトルのアルバムのファーストトラックに収録されている曲です。なんだろう、この「夜会」みたいな雰囲気のアレンジが妙にツボで、今でもたまに聴いているほどハマってしまいました。手拍子は裏拍じゃないんだけど演歌でもない、みたいな(笑)

ちなみに有名だと思いますが、キャンディス・キャメロンはリッチーの恋人(婚約者?結婚した?)です。そういえば日本では小室哲哉が当時恋人だった華原朋美をプロデュースしていたけど、自分の恋人と一緒にユニット組むってよくできるなぁ〜と思ってしまいます。

このブラックモアズ・ナイトは昔からのリッチーファンにはちょっと評判が良くない見たいです。こんなのやるくらいならパープルやレインボーに戻ってくれ、といった声をちらほら聴きます。僕は逆でこっちのリッチーの方が好きだったりします。もちろんパープルやレインボー時代のリッチーは神がかっていたし、僕も好きですが、ブラックモアズ・ナイトの方が実はリッチーがやりたい事をのびのびと出来ているのじゃないかなと、勝手に解釈しているからなのですが。

タグ: , , , , ,

«前のページ 次のページ»